2005年12月アーカイブ

ゲーム三昧

| カテゴリ: | コメント(2) | トラックバック(0)

 このところゲーム三昧。主にDS。過去にも若干書いてるので重複はありますが(*´-`)

 だれでもアソビ大全。激しく暇潰しにはなる。アクションゲームが秀逸。ミニゲームの寄せ集めだけど、出来がいいし、ダウンロードプレイのダウンロード時間もほとんど気にならないので気軽に多人数で遊びたい人にはお勧め。

 SIMPLE DSシリーズ Vol.6 THE パーティーゲーム。↑のアソビ大全が面白かったので、D3ならどうだと参考に買ってみたやつ。
 PS1時代のD3ソフトは、ロードが長い・操作法がクソという安かろう悪かろうだった。
 これもそのままだった。
 ダウンロードプレイは、正直まるで遊べないほどロードが長く、1本ダウンロードしてる間にみんな寝ちゃうほど。
 これは買ってはいけない。

 DSでWiFi初対応のおいでよ どうぶつの森は、和める・和み系のゲームを求める人にはお勧め。毎日短時間、長期的に遊ぶ系。別に毎日長時間やってもいいけど。
 リアルの生活がいろんな面で制約を受けるので、スタンドアロンMMORPGな感触。涼子ちゃんじゃないのが寂しい(ぇ)
 人は選ぶけど、箱庭の無意味な行動を、まったりを楽しめる人にはお勧め。
 作中のキャラや手紙で、哲学的な事を言われてハッとすること多々あり。

 高橋尚子のマラソンしようよ!。お店の新装開店イベントで、新品が50円で売っていたので購入。前々から何度もパッケージを手に取る程度に関心はあった商品。
 評判的には、サカつくのパクリだとか劣化コピーだとか、不運なソフトだとか色々言われているけれど、サカつく未プレイな個人的には大満足のソフト。今の市場価格は980円前後だけれど、それだけ出しても十分満足できる自信がある。最初の20分くらいはシステムとか全体の把握が大変で取っつきづらいのは否めないが、それを乗り越えればズッポリハマるだけの要素はある。ただし、報酬金額設定とか人口増加があり得なさすぎて、ここらへんのリアリティを求める人には向いてない。
 マラソンチーム運営「ゲーム」として割り切れる人向け。かなりハマってます(*´-`)b

 まわしてコロン。タイトー。要するにキャメルトライ。
 キャメルトライなんだけど、意味不明に萌えキャラ(を目指して失敗したっぽい)物が表示される。声も萌え系を意識してるっぽい。
 ボリュームコントローラの代わりにペンを使うんだけど、これが非常に出来の悪いインターフェースになっていて没入感がない。
 デフォルトの操作方法は、ボリュームコントローラの「絵」を「回す」ようにペンでタッチする方式になっている。「絵」からペンが外れると手を離したのと同じ状態になってしまってストレスが貯まる。どこでもいいからペンで円を描いたら回したことにしてくれと言いたい。
 もう一つの操作方法は、左右に線を引くようにペンを動かす方式。こちらの方が入力ミスは少なくなるが、直感的ではなくなる。でも選択肢としてこれしかない気がするのよね。
 期待はしていなかったけれど、思ってた程度にイマイチだった。ある意味期待通り。なんだかな。

 キャッチ! タッチ! ヨッシー!。雲を描いて誘導ゲーム。発売当初からずっとずっと気になっていて、ようやく衝動買い。
 任天堂としてはありえないくらいプレイヤーを放置する作り(に感じる)。まだほとんどプレイしていないのでそんなところ。

 マリオカートDS。WiFi対応第2弾。おいでよどうぶつの森と違って、マリオカートはマッチングサーバがあるから、友達じゃなくても見知らぬ誰かと一緒に遊べる。基本は64版。ミニターボも64と同じ。3D表現が強化された64版という感じ。そういう意味で大きな変化は感じないけど、安心感はあるかな。
 ゲームを持っていない人へのダウンロードプレイもストレスを感じない速度で遊べるのはさすがだなあ。
 WiFiではまだ1回しか遊んでないけど、普通に遊べた。そして負けた(*´-`)b

 あとは、フリーソフト。“2ちゃんねる”系AAキャラが登場する横スクロール型シューティングゲーム(窓の杜)。
 横スクロールシューティングが苦手で、抵抗はあったけどやってみた。
 見た目ばからしいんだけど、かなり本気なシューティング。
 数回やった程度では2面が越せない。そして面白い。うまいなぁ。
 
 とまぁ、こんな感じでございます。
 XBOX360の発売日だというのに、まるで関係ないことやってますね。
 今のところ360は買う予定なし。ハード的には興味はあるんだけど、ソフトがよさそうなの出たら考えます。
 ヽ(*´-`)ノ

Peggyとetags,ctags

| カテゴリ: | トラックバック(0)

 備忘録。テキストエディタ。
 普段、peggyを使っていますが、peggyはタグファイルを使えるエディタなので、ctagsやetagsでタグを生成して、関数や変数の宣言場所へキー一発で飛びながら解析を進める事になります。

▽peggyはデフォルトがetagsでタグ生成なのですが、これだと
typedef struct {
int hoge;
} HOGE, *PHOGE;
 のような構造体のタグ(HOGE)が生成されません。
 ctagsでは上記のような記述でもタグが生成されるので、こっちを使うことで回避。

▽etagsもctagsもデフォルトではプロトタイプ宣言を無視するので、ソースのないライブラリの関数定義が見れなくて歯がゆい思いをしますが、そんなときも ctag を使って、オプションに[ --c-kinds=+p ] を入れておけば良いようです。

▽ライブラリはほとんど変更がかからないので、事前にTAGSファイル作成してプロジェクトに入れておけば、生成にかかる時間を激減させられます。

1
TiltleGirl
illustration:壬生夏生

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25
http://www.jspeed.ne.jp/
boiscreativeをフォローしましょう
WebMoney ぷちカンパ

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。