Code syntax highlight pulgin for FCKEditorをもう少し便利にする

| トラックバック(0)

SyntaxHighlighter 2.0をMovableType4.25で使ってみる エントリで書いた、Code syntax highlight pulgin for FCKEditor は、確かに便利なのですが、現バージョンだと対応言語がいくつか不足していて、手作業で言語名を変更しなければならず、面倒です。

対応言語を増やすのはものすごく簡単なので、さくっとやってみました。

/mt-static/plugins/FCKeditor/fckeditor/editor/plugins/syntaxhighlight2/dialog/fck_syntaxhighlight.html
をテキストエディタで開き、

                    <select id="ddLang">
                        <option value="cpp">C++</option>
                        <option value="csharp">C# </option>
                        <option value="css">CSS </option>
                        <option value="delphi">Delphi</option>
                        <option value="java">Java </option>
                        <option value="jscript">Java Script</option>
                        <option value="perl">Perl</option>
                        <option value="php">PHP</option>
                        <option value="text">Plain Text</option>
                        <option value="python">Python</option>
                        <option value="ruby">Ruby</option>
                        <option value="sql">SQL</option>
                        <option value="vb">VB.NET</option>
                        <option value="xhtml">XML/HTML</option>
                    </select>

ハイライト部分を変更および追加します。C++のvalue値をcppにしたのは、SyntaxHighlighterのドキュメントにはc++が指定できるとは書いてないからです。気にしない方はc++のままで構いません。

しかし、よく使われそうな Perl や プレーンテキスト になんで対応してないんでしょうね・・・不思議です。

あとはブラウザのキャッシュをクリアして(必須)、ブログを書くからコードを挿入してみます。
以下テスト。

sub main {
	print "hello perl script!";
}
plain text foo bar hoge
test
void main() {
	printf ("hellp c++ code!");
}

 もう少し便利に出来ないか調べてみようかな〜(*´−`)
ではまたー。

※2009/05/04 8:47追記 改造版をアップしました。
興味のある方は、こちら SyntaxHighlighterのバージョンアップ をあわせてご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boiscreative.com/blog/mt-tb.cgi/1647

TiltleGirl
illustration:壬生夏生

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25
http://www.jspeed.ne.jp/
boiscreativeをフォローしましょう
WebMoney ぷちカンパ

このブログ記事について

このページは、boisが2009年5月 4日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HighSlideで画像をぐりぐりしてみる」です。

次のブログ記事は「SyntaxHighlighterのバージョンアップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。