MacBookAirにLogicoolのK270キーボードをつないでみる

| コメント(2) | トラックバック(0)

MacBookAir(2011)でテキストを大量に入力していると、どうしてもキーボードに不満が出てくるので、試しにWindows用のキーボードをつないでどうなるのかを試してみた。

LogicoolのM705rマウスをすでに使っているので、同じUnifying対応のキーボードのうち、安価で、キータイプの感触もそれなりで、フルキータイプの、K270キーボードを買ってみた。

 

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
ロジクール (2011-04-28)
売り上げランキング: 44

箱から取り出し、電池の絶縁シールを外してMacに刺さっているUnifyingレシーバとペアリングするとK270を認識。

OSXがキーボードを認識できないので左シフトの右にあるキーと右シフトの左にあるキーを押してくれと催促してくるので、指示通り押してJISキーボードと認識させる。

Logicool的にはMacに対応しているわけではないので、K270用に設定があったり、まともに動いたりする保証があるわけではないが、テキストエディタであれこれ入力してみても文字入力には特段問題はない。

ただ、当然というか、

  • 半角・全角キーは効かない
  • 無変換・変換・カタカナひらがな・アプリケーションキーも効かない
  • 漢字変換を切り替えるのにWindowsキー+スペースを押さないといけない
  • Insertキーが効かない(もしかしてMacにはInsertとか上書きモードの区別がない??)

などなど、そのままではMacBookについているキーボードよりも操作性が劣るという、なんともな結果になってしまう。

というわけで、Mac用のキーボードカスタマイズソフトを探してインストール。

KeyRemap4MacBook と、その追加アプリであるPCKeyboardHackをインストール。

色々と設定をいじってみる。

最終的にはこんな感じに。

■KeyRemap4MacBookの設定

  • General
    • Don't remap an internal keyboard
    • Don't remap Apple's keyboards
    • Don't remap Apple's pointing devices
  • Pass Through Mode(disable all settings temporalily)
    • Simultaneous Key Press [Escape+Tab] to toggle "Pass Through Mode"
  • For PC Users
    • Change PC Application Key
      • Application Key to Fn
    • Use PC Style Copy/Paste
    • Use PC Style Copy/Paste #3
    • Use PC Style Undo
    • Use PC Style Select All
    • Use PC Style Save
    • Use PC Style New
    • Use PC Style Find
    • Use PC Style Alt+F4
  • For Japanese
    • Change Underscore(Ro) Key
      • Underscore(Ro) to Backslash(\)

■PCKeyboardHackの設定

  • For Japanese
    • Enable NFER Key on PC keyboard
    • Enable XFER Key on PC keyboard
    • Enable KATAKANA Key on PC keyboard

設定方針は

  • MacBookAirのキーボードはそのままで、リマップしない。
  • Windowsキーボードに存在しないfnキーをアプリケーションキーにマップする。
  • Ctrl+Z, X, C, V, S, N, FをWindowsスタイルで使えるようにする。
  • Alt+F4でアプリが閉じれるようにする。
  • 「ろ」のキーを押した時にバックスラッシュが出るようにする。

こんな感じですか。

あんまりMac詳しくないし、KeyRemap自体もまだ使ったばかりなので、これで問題がでないかは不明ですが、今のところいい感じです。

無変換押せば英数字モードになりますし、変換押せば日本語入力になる。
(なので、あえて半角全角はリマップしていない)

ただ、仮想マシン(Parallels Desktop)でWindowsを動かした時に、どこの設定をいじってもInsertキーが動かない。

Fn+Enterを押せばInsertキーの代わりになることはわかったのですが、せっかくInsertキーがあるのにそれが使えないというのは気持ちが悪い。

細かいKeyremapの設定を探すのもめげたので、private xmlを編集して、勝手にリマップすることに。

<?xml version="1.0"?>
<root>
	<item>
		<name>InsertKeyHack(ONLY VIRTURALMACHINE)</name>
		<appendix>PC_Insert to Fn+Enter</appendix>
		<identifier>private.myInsertKyeHack</identifier>
		<only>VIRTUALMACHINE</only>
		<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::PC_INSERT, KeyCode::ENTER, ModifierFlag::FN</autogen>
	</item>
</root>

仮想マシンの時だけ、Insertキーが押されたらFn+Enterに変換してるだけですが。

これで、今現状の自分の希望はかなったかなーという感触ですかねー。

あとは実際にこれで使ってみて、なにか問題が出たら随時修正する予定です。

というわけで、メモでした(’A`
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boiscreative.com/blog/mt-tb.cgi/1742

コメント(2)

はじめまして。

今日、K270キーボードを購入してmacbook airに接続したところかなと英数の切り替えができなくて、買い物失敗したかなと悲しんでいたところ、こちらの記事を拝見しました。

こちらの記事を参考に設定したところ、大変入力がしやすくなって、K270が無駄にならずに済んで、むしろワイヤレスな分快適になりました。

macbook airをクラムシェルモードで使ってみようと、ディスプレイ・ワイヤレスキーボード・マウス・変換ケーブルなどを購入し、最初に届いたのがキーボードで、「最初でつまづいたか・・・」と思っていたので、うれしかったです。

大変参考になる記事をありがとうございました。

TiltleGirl
illustration:壬生夏生

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25
http://www.jspeed.ne.jp/
boiscreativeをフォローしましょう
WebMoney ぷちカンパ

このブログ記事について

このページは、boisが2012年3月 4日 00:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mac(Lion)上のParallels Desktop 7でCoherenceモードに切り替わらない問題まとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。