MSXの最近のブログ記事

MuSICAで作ったYs曲

| カテゴリ: , | トラックバック(0)

このまえ実家に帰ったときに発掘した、MSXの音楽エディタ、MuSICA(アスキー製)のディスクをエミュレータで聴いていた。

僕はFM音源を使うのが苦手で、PSGを主に使っていたのだけれど、Ysの曲はなかなか頑張ってFM音源を使っていてちょっと良いなと思ったのでうp。
多分元ネタはPC98版か88版だと思うんだけど、シンセタム(?)の低い音が出てないのが苦しいけど他は頑張ってる。 

まぁ、ウチにしては頑張ってるってだけで、上手い人はもっと上手いんだろうけどね( ´・ω・`)

MSX-BASICでWindows?

| カテゴリ: | コメント(2) | トラックバック(0)

 漁っていてちょっと笑ったのでコピペ。MSXネタばかりでついてこられない方すみません(*´−`)

10 'Windows
20 COLOR 15,4,4:SCREEN 2,0:DEFINT A-Z
30 SPRITE$(0)=CHR$(128)+"@0<"+CHR$(30)+CHR$(28)+CHR$(10)
40 X!=256/2:Y!=192/2:PLAY"V15":GOTO 60
50 SOUND 7,&B111001:PLAY "C64"
60 DX=RND(1)*200+56:DY=RND(1)*142+50:SX=RND(1)*(256-DX):SY=RND(1)*(192-DY)
70 LINE (SX     ,SY   )-(SX+DX  ,SY   +2),15,BF
71 LINE (SX     ,SY+DY)-(SX+DX  ,SY+DY-2),15,BF
72 LINE (SX     ,SY   )-(SX   +2,SY+DY  ),15,BF
73 LINE (SX+DX-2,SY   )-(SX+DX  ,SY+DY  ),15,BF
80 LINE (SX+3,SY+3)-(SX+DX-3,SY+DY-3),4,BF
90 LINE (SX+4,SY+4)-(SX+9,SY+9),15,B
100 LINE (SX,SY+11)-(SX+DX,SY+11),15
110 KX!=SX+6-X!:KY!=SY+6-Y!
120 KX!=KX!/2:KY!=KY!/2
130 X!=X!+KX!:Y!=Y!+KY!
140 PUT SPRITE 0,(X!,Y!),14
150 IF ABS(KX!)<.01 AND ABS(KY!)<.01 THEN 50 ELSE 120

こんだけ。
次々とWindowを開きまくるWindows?みたいなプログラムです。ヤフーヽ(o`ω´o)ノ

イメージ作るのが面倒な方のために作りました。bcd.zip(約5KB)先日のYS2の曲も入れてあります。

 さて、MSXの過去リソースを漁っていたのですが、MSX-BASIC(+FMPAC)で作ったYS2のランスの村が良い感じだったのでコピペしておきまふ。誰もみちゃいないが気にしない。

10 CLEAR 300
20 'KEY 1,"list "
30 'KEY 4,"list -4999
40 CALL MUSIC(0,0,1,1)
50 DIM A$(40),B$(40),C$(40),D$(40),E$(40)
60 REM ****** [0] ******
70 A$(0)="T80O3@12V9L8"
80 B$(0)="T80O5@4V7L2"
90 C$(0)="T80O5L16"
100 D$(0)="T80O4L16"
110 E$(0)="T80O4L16"
120 REM ****** [1] ******
130 C$(1)="V13EV11EV13FV11FV13GV11G"
140 REM ****** [2] ******
150 A$(2)="D4&D.<A16GG4B"
160 C$(2)="V13A2V11AV9A>V13DV11D<V13BV11BV13AV11A"
170 D$(2)="V11F4.V9FV7FV11FFV9FV7FV11GGV9GV7G"
180 E$(2)="V10C4.V8CV6C<V10B4.V8BV6B"
190 REM ****** [3] ******
200 A$(3)="O3C4&C.<G16>CCDE"
210 C$(3)="V13G2V11GV9G>V13CV11C<V13AV11AV13GV11G"
220 D$(3)="V11E4.V9EV7EV11DV9DV11E4V9EV7E"
230 E$(3)="O4V10C4.V8CV6CV10C4V8CV6C"
240 REM ****** [4] ******
250 A$(4)="D4&D.<A16G>G4<B"
260 C$(4)="V13F4.V11FV9FV13DDV11DV9DV13EV11EV13FV11F"
270 D$(4)="V11F4.V9FV7FV11FFV9FV7FV11GGV9GV7G"
280 E$(4)="V10C4.V8CV6C<V10B4.V8BV6B"
290 REM ****** [5] ******
300 A$(5)=A$(3)
310 C$(5)="V13G4.V11GV9GV13EEV11EV9EV13FV11FV13GV11G"
320 D$(5)="V11E4.V9EV7EV11E4.V9EV7E"
330 E$(5)="OV10C4.V8CV6CV10C4.V8CV6C"
340 REM ****** [6] ******
350 A$(6)="D4&D.<A16GG4B"
360 C$(6)=C$(2)
370 D$(6)=D$(2)
380 E$(6)="V10C2<B4.V8BV6B"
390 REM ****** [7] ******
400 A$(7)="O3C4<B4B-4B-4"
410 C$(7)="V13GGV11GV9GV13AV11AV13BV11B>V13CCV11CV9CV13DV11DV9D"
420 D$(7)="V11EEV9EV7EV11DDV9DV7DV11EEV9EV7EV11FFV9FV7F"
430 E$(7)="OV10CCV8CV6C<V10BBV8BV6BV10B-8V8B-V6B-V10B-8V8B-V6B-"
440 REM ****** [8] ******
450 A$(8)="F4&F.C16FF4>F"
460 C$(8)="V13F2V11FV9FV13CV11CV13DV11DV13FV11F"
470 D$(8)="V11A4.V9AV7AV11A4.V9AV7A"
480 E$(8)="OV10C4.V8CV6CV10C4.V8CV6C"
490 REM ****** [9] ******
500 A$(9)="G4D4<G2"
510 C$(9)="V13G2G8V11GV9G<V13BBV11BV9B"
520 D$(9)="V11GGV9GV7G<V11BBV9BV7BV11G4.V9GV7G"
530 E$(9)="V10DDV8DV6D"
540 REM ****** [10] ******
550 A$(10)="O3C4&C.<G16>CC<B>C"
560 C$(10)="O6V13C2V11CV9CV13CV11CV13DV11DV13EV11E"
570 D$(10)="L32O5V11CV9CV11CV9C<V11GV9GV11EV9G>L16V11CCV9CV7C<V11G4.V9GV7G"
580 E$(10)="V10D4.V8DV6DV10D4.V8DV6D"
590 REM ****** [11] ******
600 A$(11)="F4&F.C16FFEE"
610 C$(11)="V13EV11EL32V13DV11DV13DDV11DV9DV13CV11C<L16V13A2V11AV9A"
620 D$(11)="V11A4.V9AV7AV11AAV9AV7AV11GGV9GV7G"
630 E$(11)="V10F4.V8FV6FV10FFV8FV6FV10EEV8EV6E"
640 REM ****** [12] ******
650 A$(12)=A$(6)
660 C$(12)=">V13EV11EL32V13DV11DV13DDV11DV9DV13CV11C<L16V13AV11AV13BV11BV9B>V13CV11CV9CV13DV11D"
670 D$(12)="V11F4.V9FV7FV11G4.V9GV7G"
680 E$(12)="V10D4.V8DV6DV10D4.V8DV6D"
690 REM ****** [13] ******
700 A$(13)="O3C4&C.<G16>C.<B.G"
710 C$(13)="V13DV11DV9DV13E4V11EV12DV10DV8DV12EV10EV8EV13DV11D"
720 D$(13)="V11E4.V9EV7EV11DV9DV7DV11EV9EV7EV11GV9G"
730 E$(13)="V10C4.V8CV6C<V10BV8BV6B>V10CV8CV6CV10DV8D"
740 REM ****** [14] ******
750 A$(14)=A$(10)
760 C$(14)=C$(10)
770 D$(14)="O5L32V11CV9CV11CV9C<V11GV9GV11EV9E>V11CV9C<V11BV9B>V11CCV9CV7CL16<V11G4.V9GV7G"
780 E$(14)=E$(10)
790 REM ****** [15] ******
800 A$(15)="F4&F.C16FF4E"
810 C$(15)=C$(11)
820 D$(15)=D$(11)
830 E$(15)=E$(11)
840 REM ****** [16] ******
850 A$(16)=A$(12)
860 C$(16)=C$(12)
870 D$(16)="V11F4.V9FV7FV11GGV9GV7GV11BBV9BV7B"
880 E$(16)="V10D4.V8DV6DV10DDV8DV6DV10GGV8GV6G"
890 REM ****** [17] ******
900 A$(17)="O3C4&C.<G16>C4C+4"
910 B$(17)="E.E4"
920 C$(17)="V13DV11DV9DV13C2V11CV13C+8V11C+V9C+"
930 D$(17)="O6R2.V11GGV9GV7G"
940 E$(17)="V11G2GGV9GV7GV11GGV9GV7G"
950 REM ****** [18] ******
960 A$(18)="O3D4&D.<A16>DD4D+"
970 B$(18)="FD"
980 C$(18)="O6V13DV11DV13DV11DV13EV11E<V13A2V11AV9A>"
990 D$(18)="O6V11A4.V9AV7AV11DV9DV7DV11EV9EV7EV11AV9A"
1000 E$(18)="V10A4.V8AV6AV10F4.V8FV6F"
1010 REM ****** [19] ******
1020 A$(19)="E4&E.<B16>EE4E"
1030 B$(19)="GE"
1040 C$(19)="V13EV11EV13EV11EV13GV11GV13E2V11EV9E"
1050 D$(19)="V11G4.V9GV7GV11EV9EV7EV11GV9GV7GV11EV9E"
1060 E$(19)="V10B4.V8BV6BV10G4.V8GV6G"
1070 REM ****** [20] ******
1080 A$(20)="F4&F.<A16FA>CD"
1090 B$(20)="FC"
1100 C$(20)="V13FV11FV13EV11EV13CV11C<L32V13AV11AL16>V13CV11CV9C<V13AV11A>V13CV11CV13DV11D"
1110 D$(20)="V11A4.V9AV7AV11A4.V9AV7A"
1120 E$(20)="V10A4.V8AV6AV10F4.V8FV6F"
1130 REM ****** [21] ******
1140 A$(21)="C4&C.<G16>CC4C+"
1150 B$(21)="E.E4"
1160 C$(21)="V13FV11FV9FV13E2.V11E"
1170 D$(21)="V11G2GGV9GV6GV11GGV9GV7"
1180 E$(21)="V10G2GGV8GV6GV10GGV8GV6G"
1190 REM ****** [22] ******
1200 A$(22)=A$(18)
1210 B$(22)=B$(18)
1220 C$(22)=C$(18)
1230 D$(22)=D$(18)
1240 E$(22)=E$(18)
1250 REM ****** [23] ******
1260 A$(23)=A$(19)
1270 B$(23)=B$(19)
1280 C$(23)="V13EV11EV13EV11EV13GV11GV13E4V11EV9EV13FV11FV13GV11G"
1290 D$(23)="V11G4.V9GV7GV11EV9EV7EV11FV9FV7FV11GV9G"
1300 E$(23)=E$(19)
1310 REM ****** [24] ******
1320 A$(24)="F4&FC16FF4F"
1330 B$(24)="FC"
1340 C$(24)="V13AAV11AV9AV13FFV11FV9FV13DDV11DV9DV13CCV11CV9C"
1350 D$(24)="V11AAV9AV7AV11FFV9FV7F<V11AAV9AV7AV11AAV9AV7A"
1360 E$(24)=E$(20)
1370 REM ****** [25] ******
1380 A$(25)="G4&G.D16GG&G16D16<B16G16"
1390 B$(25)="D&D4.E+8"
1400 C$(25)="O5V13BV11BV9B>V13CV11CV9CV13DDV11DV9D<V13BV11B>V13CV11CV13DV11D"
1410 D$(25)="O6V11G2..V9GV7G"
1420 E$(25)="V10G2GGV8GV6GV10GGV8G+V6G+
1430 REM ****** [26] ******
1440 A$(26)="O3AAAAGGGG"
1450 B$(26)="O5L8CCCCCCCC"
1460 C$(26)="V13EV11EV13EV11EV13FV11FL32V13GV11GL16V13E2V11E"
1470 D$(26)="V11CV9CV11CV9CV11DV9DL32V11EV9EL16V11C2V9C"
1480 E$(26)="O5V10EV8EV10EV8EV10EV8EV10EV8EV10EV8EV10EV8EV10EV8EV10EV8E"
1490 REM ****** [27] ******
1500 A$(27)="FFFFGGGG"
1510 B$(27)="CCCC<BBBB"
1520 C$(27)="R8V13EV11EV13FV11FV13GV11GV13EV11EV13DV11DV13CV11CV13DV11D"
1530 D$(27)="R8V11CV9CV11CV9CV11CV9CV11CV9C<V11BV9BV11AV9AV11BV9B>"
1540 E$(27)=E$(26)
1550 REM ****** [28][29] ******
1560 A$(28)=A$(26):A$(29)=A$(27)
1570 B$(28)=B$(26):B$(29)=B$(27)
1580 C$(28)=C$(26):C$(29)=C$(27)
1590 D$(28)=D$(26):D$(29)=D$(27)
1600 E$(28)=E$(26):E$(29)=E$(27)
1610 REM ****** [30] ******
1620 A$(30)=A$(26)
1630 B$(30)=B$(26)
1640 C$(30)="V13AV11AV13AV11AV13BV11B>L32V13CV11C<L16V13A2V11A"
1650 D$(30)="V11EV9EV11EV9EV11EV9EL32V11GV9GL16V11E2V9E"
1660 E$(30)=E$(26)
1670 REM ****** [31] ******
1680 A$(31)=A$(27)
1690 B$(31)=B$(27)
1700 C$(31)="R8V13AV11AV13BV11B>V13CV11CV13EV11EV13DV11DV13CV11C<V13BV11B"
1710 D$(31)="R8V11EV9EV11FV9FV11GV9GV11AV9AV11GV9GV11FV9FV11GV9G"
1720 E$(31)=E$(30)
1730 REM ****** [32] ******
1740 A$(32)=A$(30)
1750 B$(32)=B$(30)
1760 C$(32)=C$(30)
1770 D$(32)=D$(30)
1780 E$(32)=E$(30)
1790 REM ****** [33] ******
1800 A$(33)="F4.F&FCFE"
1810 B$(33)="A>F4<A&AA>AA<"
1820 C$(33)=C$(31)
1830 E$(33)="L16V10AV8AV10FFV8FV6FV10AAV8AV6AV10FV8FV10AV8AV10AV8A"
1840 REM ****** [34] ******
1850 A$(34)="E-4.E-&E-E-&E-16E-."
1860 C$(34)="V13B-4B-16V11B-V13B-8.V11B-V13E-.V11E-32V13G.V11G32V13B-.V11B-32"
1870 D$(34)="V11G4GV9GV11G2GV9G"
1880 E$(34)="V10E-4E-V8E-V10E-2E-V8E-"
1890 REM ****** [35] ******
1900 A$(35)="D4.D&DD&D16D."
1910 C$(35)="V13A4AV9AV13AAAV11AV13D.V11D32V13F+.V11F+32V13A.V11A32"
1920 D$(35)="V11F+4F+V9F+V11F+2F+V9F+"
1930 E$(35)="V10D4DV8DV10D2DV8D"
1940 REM ****** [36] ******
1950 A$(36)="D-4.D-&D-D-&D-16D-."
1960 C$(36)="V13A-4A-V11A-V13A-8.V11A-V13D-.V11D-32V13F.V11F32V13A-.V11A-32"
1970 D$(36)="V11F4FV9FV11F2FV9F"
1980 E$(36)="V10D-4D-V8D-V10D-2D-V8D-"
1990 REM ****** [37] ******
2000 A$(37)="G4.<GG>CDE"
2010 B$(37)="O5V5F4.F8&F4F4"
2020 C$(37)="V13G4GV11GV13GGGV11G<V13EV11EV13FV11FV13GV11G"
2030 D$(37)="O5V10R4.R4CV8CV10DV8D"
2040 E$(37)="V10G4GV8GV10G4GV8GV10GGGV8G"
2050 REM ****** PLAY MUSIC ******
2060 FOR I=0 TO 37
2070 PLAY #2,A$(I),B$(I),C$(I),D$(I),E$(I)
2080 NEXT
2090 PLAY #2,A$(0),B$(0),C$(0),D$(0),E$(0)
2100 FOR I=2 TO 37
2110 PLAY #2,A$(I),B$(I),C$(I),D$(I),E$(I)
2120 NEXT
2130 GOTO 2090

まあ、これを聴こうという物好きがいたら驚きでっす廃(*´−`)。
この曲好きなんですよねー。リリアのテーマソングみたいな感じ??
PSGがメインで歌ってるのがいいだけかも。ぴこぴこサウンド最高ヽ(o`ω´o)ノ

blueMSXってかなり痺れますな

| カテゴリ: , | トラックバック(0)

 最近MSXのゲームでよく遊んでいる関係で、MSXエミュレータをいろいろといじっております。

MSXアソシエーションの、いわゆるMSXマガジンについてる公式エミュレータでもいいんですが、もってるディスクを動かすのが面倒だったり小回りが利かないのであんまり使えません。

そうするとちょっぴりアンダーグラウンドな世界に飛び込むことになるんですが、A1GTも1チップMSXも持ってるし、実家にMSXが4台ほど転がってるような人間なんで、まぁ大丈夫だろうと。

今まではNLMSXというエミュレータを使って遊んでおりましたが、blueMSXの最新版入れたら起動に時間がかかるという僕にとって致命的な弱点はあるものの、激しく使えることに気がついたのでそっちにシフト。システムROMとかもアーカイブに含まれてて大丈夫なのかコレと思ったりもしますが、ダウンロードできるうちにしておく人。自分で吸い込むのは面倒だし、ありがたいんですが。

ほいで手持ちのディスクを Disk-manager でゴリゴリとイメージ化して(これで何度目だ)、BASICで作った音楽とか聴いてなつかしーーーと感動。

で、blueMSXのメニューみてると、特殊カートリッジの項目にSCSIインターフェースまであるじゃまいか!

MSXのSCSIインターフェースといえば似非職人工房さん(だよね?)のが僕的に有名なんですが、値段が高い上にSCSIのHDDなんて持ってないのでスルーしてたブツ。

それがエミュレータ上とは言え使えるのです。しかもSRAM1MB版が!
というわけで、何も考えずに最大の200MBのHDDイメージを作って、B〜Fドライブに32MBずつ割り振ってインスコ。

最初は手作業でコピーとかしてたんだけど面倒なので久しぶりにMM(ファイルメンテ=ファイラ)を使う。持ってるMMが古すぎたので、ぐぐってなんとか新しそうなのをDL。
で、手持ちのディスクをどんどんとHDDにコピーしまくる。市販ゲームじゃないよ。自作とか通信でひろったやつばっかね。

コピーし終わって、BASICのプログラムで遊んでたら、blueMSXがフリーズ。多分、マシン語使ったやつを実行したんだと思うけど、(エミュレータを)ハードリセットすれば元に戻ると思ってリセット。
MSX-DOS2が起動するはずが、なぜかBASIC画面。

blueMSXのインストールフォルダを見て回ると、SRAMフォルダが。
怪しいと思って wave-scsi のSRAMデータをバイナリエディタで観てみると・・・がーん・・・ 全部 00h で埋まってる ('A`)
どうやらSRAMデータがなんかの拍子に吹っ飛んだらしい

ようやくインストールが終わったと思ったのにーー。と、再びSRAMを初期化してカーネル突っ込んでパーティション割り振ってツールをちまちま入れて復活。マンドクセ('A`)
HDDイメージは吹っ飛ばないようなので、SRAM(Aドライブ)の内容をHDD側にコピーして、次ぶっ壊れた時にちまちま入れなくてもいいようにした。どうせB〜Fドライブもあっても使い切れないし(*´−`)

で、MMを使ってAドライブをさらにカスタマイズ。フォルダ分けして美しく!
*.COM ファイルは UTILS フォルダへGO!!!

リセット掛けたら COMMAND2.COM が見つからないからAドライブのディスクを入れ替えろとのメッセージ・・・。

しまった。COMMAND2.COM も UTILS フォルダに移動しちまってた('A`)

再びSRAMを初期化して・・・なにやってんだー。
まぁ、MovableTypeのカスタマイズ熱が冷めたんで、MSXのカスタマイズもたまにはいいかと諦め。

一通りセットアップが終わったところで、最近熱い、SCMD Driver なるものをダウンロード。

・SCMDの特徴

SCCを、5チャンネルローファイPCMとして演奏可能です。
PCMは音階に割り付け可能でポルタメントやソフトエンベロープも使用出来ます。
またSCCの2本挿しにも対応しSCC10チャンネルの発音が可能です。

PSGに1/60秒以下の高速ピッチエンベロープ機能や、MMLエンベロープ機能で高速アルペジオを使用したり、
それらを掛け合わせたりすることが可能です。

という素晴らしいもの。ニコ動でもアップされてるのですが、やはし、えむれーたでききたい。
とゆーわけでダウンロードできるものを一通りかっさらってインスコして視聴。

むひょーー( ゜∀゜) MSXとは思えぬ!! 作者さんの情熱スバラシス。
お暇な方は是非、お手にとってご覧ください。ニコ動で検索してもイイヨ(*´−`)
まぁ、いつものごとく誰もいないんだろうけどねっ!

と、そんな一日でした。まる。ナゲェ・・・

ザースを攻略してみた

| カテゴリ: ,, | トラックバック(0)

おっさんなんで、昨日ぶりにMSXのゲームをやった。
タイトルは、ザース

エニックスがプロデュースしたアドベンチャーゲーム(作ったのはスタジオジャンドラ)

録画するのに時間かかったわっヽ(o`ω´o)ノ

こんなゲームだったんですねぇ・・・。
今回はデゼニランドと違い、ちゃんと読める速度を気にして収録しましたので、シナリオもお楽しみください。

ミリカ(運良くサムネイルになっているおにゃのこ)のグラフィックには当時かなり驚いたものです。

再生リストの埋め込みは初めてなんで、途中で止まるかもしれませんが、YouTubeの仕様です(*´−`)
全部で4動画に分かれております。誰も見ないだろうけどな。ぺっ(;ノ ̄□ ̄)ノ ┨⌒ρ∵∞:σ

おっさんなんで、ひさしぶりにMSXのゲームをやった。
タイトルは、デゼニランド

ハドソンが作ったアドベンチャーゲーム。

思い出すのに時間かかったわっヽ(o`ω´o)ノ

こんなゲームだったんですねえ・・・。
ビデオ撮りの時はタイプ練習ソフトのようでした。ちょいミスってますが。ふぅ。

PSG最高(*´−`)

| カテゴリ: | トラックバック(0)

Youtubeにハマっているのは先にお伝えしたとおりですが、いろいろアップしまくってます。

MSXのPSG曲を中心に展開中。まぁ聞けよ。な、な?

ここをクリックしてYoutubeの再生リストを再生しよう!!(*´−`)

YouTubeでF1SPIRIT見つけた

| カテゴリ: | トラックバック(0)

最近Youtubeにハマっているのですが、あれこれ見ていたらF1SPIRITのリメイクなるものを見つけました。
MSXerにとっては有名なのかもしれませんが、僕は最近まで知りませんでした。

とりあえず動画を見てみてくださいな。
現物知ってる人だったらかなりニヤニヤ出来ると思いますよ。

音楽も良い感じにアレンジされてて楽しげです。
良く作ったなぁ〜。

気になる方は braingames.getput.com でダウンロードして遊べちゃいますので、どうぞ(*´−`)

1chipMSX購入

| カテゴリ: | トラックバック(0)

1chipMSXを購入しました。
マニュアル読まずにVGA接続して、周波数があわなくて「えー」と思ったらディップスイッチで切り替えとマニュアルにあった。
ちゃんと読め>自分

早速手持ちのminiSD(64MB)を専用につぶして開発環境でもいれるかなーと思ったんだけど公式MSXエミュレータからの開発ツールのコピーめんどくせー!!
XCOPYも見あたらないし、挫折。

ぶーぶー

MSXAの大罪

| カテゴリ: | トラックバック(0)

 MSXアソシエーションの大罪、総括。という名の愚痴

 MSXAはMSXを守るという形をとりながら、中途半端な1チップMSXというグダグダで、あるいは西君の昔とまったく変わらない自己主張や展望で、MSXユーザの中に無形のまま妄想されていた漠然としたMSX3を否定したこと。

 関わっているボランティアベースのスタッフに守秘義務を課さず、一般人が知り得ない情報が現在進行形でボロボロでていること。


 文句言いながらも見ちゃったり、愚痴っちゃうあたり、まだまだ人間できてないよなぁ・・

1  2  3
TiltleGirl
illustration:壬生夏生

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25
http://www.jspeed.ne.jp/
boiscreativeをフォローしましょう
WebMoney ぷちカンパ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちMSXカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMovableTypeです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。